家族旅行で活躍するLCC

- 子供連れやファミリーで利用できるLCC

子供連れやファミリーで利用できるLCC

格安な飛行機チケットが魅力的なLCCですが、子供連れやファミリーで利用できるのかといった疑問も多く挙げられます。
予約の仕方やサービス内容が異なる点があるので、初めての利用には不安がある人も多いです。
ただ、LCCは若者やファミリーをメインターゲットとしているので、子連れでの搭乗は大歓迎という姿勢です。
なので子連れファミリーの利用客も多く、観光に出向く家族の足として広く利用されています。
LCCは国内線でも子供は満2歳から座席料金が大人と同額必要になってきます。
また、2歳未満の場合は無料か1500円前後の料金がかかってくるので、利用したいLCCに事前に確認しておきましょう。
機内にはバシネットはないものの、ベビーカーなどの手荷物は無料で預けることができます。
機内のシートピッチが狭いので、体の大きな男性では子供を膝の上に乗せるとスペースに余裕がなくなる場合もあります。
各LCCではプラス料金でシートピッチが広い座席を指定できるサービスがあります。
足元がかなり広くなるので、赤ちゃんだけでなく子供連れにも嬉しいですね。
授乳やおむつ交換は機内で難しいことから、搭乗前後に済ませておいた方がいいです。
子供連れでの旅行は両親にも大きな負担がかかるものです。
事前にできる準備はしっかり済ませ、安く楽しい旅ができるといいですね。

大人にも子供にも大人気の工場見学ツアー

テレビ番組でも人気の工場見学ツアーは大人にも子供にも大人気です。
格安航空券が主になりますが、日帰りで気軽に楽しめる事から一年を通じて申し込みが多いツアーです。
工場見学の代表格といえばビール工場やウイスキー工場になります。
水がキレイな所に工場を構えている企業が多いので、バスで訪れると意外にも自然に囲まれた土地に驚くことになるでしょう。
工場見学後には大人にはビール、子供にはジュースの試飲があるという嬉しい特典付きです。
また、ファミリーには嬉しい昼食バーベキューもツアーに含まれています。
また、九州には地ビールの工場を三箇所まわるというビール好きにはたまらないツアーもあるんだとか。
もちろん観光バスにはトイレ付きなので、心ゆくまで出来立てビールを楽しむことができます。
ビール以外に人気のツアーは大阪の造幣局の見学ツアー、東京の国会議事堂の見学ツアー、なかには大人も夢中になる新幹線を作っている工場を見学できるツアーもあります。
個人で直接工場に予約を入れることもできますが、自力でそこまで行かなければいけないうえに、予約もすぐにいっぱいになってしまうケースが多いです。
旅行会社を通じて、その地域の観光がてら申し込みをすると安心して参加することができます。
いつもの旅行とはちょっと違った雰囲気になりますが、いつも自分が手にとっている商品がこうやって生産されているのか…と親子ともども視野を広げる旅になりますよ。

更新情報